ディープキスでおぼれかけた話

2019年2月8日過去の失敗談

突然ですが、ディープキスを知っていますか?

わたしはもちろん知っていますよ。正確には「今」のわたしですが。

 

ディープキスとは

ディープ・キス(英: deep kiss)は、一方の者の舌が他方の舌に触れ、通常、口の中に入る接吻の一形式である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ディープキスは、普通のキスとはちがいます。

舌がお互いの口に入って、はじめて「ディープ」になるのです。

 

中学2年生だったわたしは、そんなこと知る由もありませんでした。

そんな中、2人目の彼女との帰り道、キスをすることになったのです。

 

はじめてのチュウ

はじめて~の~チュウ~、きみとチュウ~

アウィギ~ミオ~マイラ~

 

それは彼女との、いや女性とのはじめてのキスでした。

勇気をだしてキスをしたはいいが、そのあとはどうしたものか。

 

当時、ケータイを持っている人はほとんどおらず、そういった情報の仕入れ先もありません。

思考をフル回転させたわたしは、ドラマのワンシーンを思い出したのでした。

 

「たしかずっと口をつけていたような…そうか!あれがディープキスだな!」

そう考えたわたしは、先に口を離したら負けだといわんばかりに、10分間にわたって口を離すことはありませんでした。

 

 

妖怪ですか?口呼吸することをゆるさない妖怪ですか?

 

彼女も満足したので口を離したと思っていたのですが、息苦しくて限界だったのでしょう。

当然わたしも限界で、顔も真っ赤(いろいろな意味で)だったはずです。

 

なぜか「10分間息継ぎ耐久レース」に付き合ってくれたKちゃん、その節は本当にありがとうございました。

(もちろん最初で最後のキスでした)

 

まとめ

ディープキスでおぼれかけた話について書きました。

まだしたことがない方は、決して妖怪にはならないでくださいね。

Posted by 中原牧人