高校受験に失敗しました

2019年1月24日過去の失敗談

じつは、「高校受験に失敗」という過去をもっています。

 

小学校時代

小学校時代のわたしは、身長が140㎝なかったおちびちゃんでした。

兄の同級生に「かわいい」ともてはやされ、とても恥ずかしかった記憶があります。

 

特に勉強をしていたわけではありませんが、成績は「優秀」でした。

勉強が好きだったので、授業をまじめに聞いていたからだと思います。

(テスト前の勉強していない自慢はしない派です)

 

中学校時代

男子としてみられたいのに「かわいい」と言われ、徐々に身長にコンプレックスをもつように。

毎日牛乳をがぶがぶ飲み、昼休みには保健室で身長をはかり、友人と伸びしろを競っていました。

 

そのおかげか、中学3年間で「30㎝以上」も伸びてくれました。

  • ポッキー
  • マッチ棒
  • ひのきのぼう

ガリガリをモチーフにつけられた名前は、数えきれません。

 

成績は優秀でした。(2回目)

 

「学校の授業がつまらない+友人が通っている」ので塾にいったのですが、1~2位を争うくらい、塾での成績もなかなかのものでした。

しかし、中学3年生になり少しずつグレだしてしまい、内申点はどんどんさがっていったのです。

(授業中に寝たり、髪の毛をいじるくらいのかわいいグレかたです)

 

高校受験

特にいきたい高校もなかったので、

  • 学校が近い
  • 制服がブレザー
  • そこそこの偏差値(高すぎるとまじめな人が多い、とイメージしていたので)

という理由で、公立高校を決めました。

 

私立高校も受験して「特待生」として合格しましたが、興味がなかったので入学金を払わず、「すべり止めの権利」も放棄することに。

 

運命の合格発表

そして合格発表の日。

母の運転で、友人2人(1人は同じ志望校)と受験番号をみにいくことに。

3人とも手応えがあったので、高校生活に胸を膨らませながらむかいました。

 

そのときの衝撃は、今でも覚えています。

自己採点で「480点(500点満点)」あったので、落ちるとは微塵も思っていませんでした。

いざ番号をさがしてみると、どうも見当たりません。

 

「あれw番号ないんだけどww」

 

などと笑いながら、さがしていました。

しかし、何度さがしても「自分の番号」が見当たらないのです。

 

先に番号をみつけた友人にもさがしてもらいましたが、見つかりません。

まだ現実を受け止められないわたしは、先に車にもどり、母にさがしてもらうことに。

 

車でぼーっと待っていたら、母がもどってきました。

時が止まるとはこういうものなのでしょう。母が泣いていたのです。

 

そのときはじめて、「落ちた」と脳が認識しました。

友人2人がいる中で大号泣、そのあとの記憶はありません。

(書いていてうるうるしてきました)

 

 

私立を蹴っていたので途方に暮れていたところ、通っていた塾の塾長が「広島のとある高校」に推薦してくれることに。

特別に試験を受けさせてもらい、無事高校にいけることになりました。

 

あとで聞いたところによると、志望した高校は、岡山県内でも「特に内申点を重視する高校」だったようです。

I先生、その節は本当にありがとうございました。

 

まとめ

高校受験に失敗しましたが、そのおかげで今のわたしがあるので後悔はありません。

しかし、ひとつだけ言わせてください。

 

「内申点1は絶対だめ!!」

 

Posted by 中原牧人