ガリガリ税理士のガリガリ税理士によるガリガリエピソード

ガリガリ

こんにちは。ガリガリ税理士の中原(@makito_tax)です。

 

悲しいガリガリエピソード、聞いてください。

 

 

海で遊べない

夏といったら海!海といったら水着!

では、水着といったら?

 

 

そう、筋肉ですね。

 

 

男性諸君が海で女性の体しかみていないように、世の女性たちは海で男性の筋肉しかみておりません!(個人の意見です)

わたしの筋肉といったら、腕を曲げたらこんにちはする多少の力こぶくらい。

 

しかも、ガリガリの人には色白が多いので、日焼けしても黒くはならず赤になります。

日焼けではなくただの火傷です。

 

これがまた痛い。赤くなった皮膚も痛いが、視線はもっと痛い。

くりかえしたら多少黒くなるかと思いきや、白に戻るだけでまったく意味がありません。

 

海に誘われても、いつのまにか断るようになっていました。

 

 

半袖が似合わない

わたしはシンプルな恰好が好きです。夏だったら、Tシャツ1枚で過ごすことも。

しかし、半袖が似合いません。二の腕なんかスカスカで、腕が2、3本増えても問題なさそうです。

 

白い無地のTシャツを着ると、毎回妻にこういわれます。

 

 

「おじいちゃんみたい」

 

 

骨折れそうじゃん

「骨折れそうじゃん」

 

男性に必ずといっていいほどいわれるこの言葉。

 

「いや、骨折れたことないけどね」

 

と変な強がりをするしかありません。

 

実際折れたことはありませんし、骨の強さには自信があります。

ガリガリのほうが意外と丈夫だったりするんですよねー。

 

 

…くやしいですっ!

 

 

まとめ

悲しいガリガリエピソード。

共感はしても同情はしないでくださいね。

 

 

Posted by 中原牧人