娘はどうしてこんなにかわいいのか

こんにちは。ガリガリ税理士の中原(@makito_tax)です。

 

娘を溺れるほど愛しているわたしですが、その理由を考えてみました。

(分厚い色眼鏡がかかっていること、ご容赦くださいませ)

 

 

やさしい

人見知りで臆病な娘。誰に似たのでしょう。

 

しかし、とにかくやさしい。心がやさしい。

4歳ながらにして人を思いやる、その気持ちが行動にあふれ出ているのです。

 

わたし自身「思いやりの心」をすごく大切にしております。

誰かの役に立つことに感動を覚えます。税理士の仕事はそういった面でも大好きです。

 

とりあえずやさしい子になってくれればそれでいいや、と思っていたので一安心。

妻の子育てのおかげです。母親は偉大なのであります。

(できる限り協力はしていますが、所詮父親と反省しっぱなしです)

 

 

愛情をくれる

毎日、愛の言葉を投げかけてくれます。

 

「お父さん大好き!」

 

 

死ねます。この言葉の威力、なんなのでしょうか。

(別に言わせているわけじゃないですから!)

 

妻や恋人からもらう愛の言葉ありますよね?

これとは違う味わいがあるのです。

 

「…好き。」

「大好きだよ?」

 

…あれ?やはりこちらもたまらんですな。

 

 

顔がかわいい

妻は美人です。かわいいです。

プロフィールにも書いていますが、堂本光一に似ています。あとはみんな大好き深田恭子でしょうか。

 

出会いは当時流行った〇コミュという出会い系サイトですが、会った瞬間ひとめぼれ。

車で2時間の遠距離でしたが、猛アタックしてお付き合いすることに。

 

妻かわいい→娘かわいい

 

 

当然こうなります。

 

ところで、娘への溢れる愛ばかりを語っておりますが、妻への愛もかなりのものです。

つらかった税理士受験時代、仕事せず勉強に専念している時期もありましたが、なにも言わず支えてくれました。

 

しかし、もともと照れ屋さんなわたし。娘が生まれてから余計に愛情表現が減ってしまいました。

これはいかんと思い、試行錯誤を重ねているところであります。

(言葉にしないと伝わりませんよ!)

 

 

まとめ

娘よ。生まれてきてくれてありがとう。

妻よ。出会ってくれてありがとう。

 

家族。これからも大切にしていきます。

 

 


Posted by 中原牧人