幼稚園・認定こども園は微熱でも帰らされる?恐怖の電話がかかってくる37.5℃ルールとは?

2019年7月17日, 生き方

幼稚園・認定こども園には37.5℃ルールがあります。

「かわいいマスクでおしゃれしたい!」

と娘にお願いされても、安易にマスクをつけないように。

 

幼稚園は微熱でも帰らされる?保育園では預かってもらえない?

子どもの体温の平均は約37.0℃です。

体温は1日のうちに変動しますが、上下にそれぞれ0.5℃くらい。

そのため幼稚園・認定こども園では37.5℃以上を「発熱」とみなし、発熱がみられた場合は迎えの連絡をいれるというルールになっています。

 

さらに保育園では、体温が37.5℃以上の子どもは預かってすらもらえません。

保育園と幼稚園では預かる子どもの年齢がちがうので、体調に対する姿勢もまったくちがうのです。

 

幼稚園・認定こども園での検温のタイミングとは?

保育園では1日に2~3回検温があり、さらに毎朝登園時にも家で検温しなければいけません。

しかし、娘が通っている幼稚園では定期的な検温はありません。

 

娘いわく、

「熱があるひとが熱をはかるんで」

とのこと。

 

おそらくですが、

  • 咳をしている
  • 鼻水がでている
  • 元気がない

など熱の可能性があるときに、先生の判断で検温しているのではないでしょうか。

 

たくさんの子どもの面倒をみるだけでも大変なのに、体調の変化にも気をつかっていただいてとてもありがたいです。

しかし残念なことに、幼稚園での検温はあてにならないのです。

 

幼稚園・認定こども園からの電話

その日の娘は、朝からくしゃみと鼻水が少々。

熱もなく元気なので幼稚園にいこうとしていたところ、

「かわいいマスクをつけていきたい」

といいだしました。

 

今思えば「くしゃみ+鼻水+マスク」は、絶好の検温ターゲットだったのでしょう。

 

登園時に熱はまったくありませんでしたが、

「38℃なので迎えにきてください」

と電話があり、あわてて迎えにいくことに。

 

見送ってから1時間しかたっていません。

しかも、家にかえって何回熱をはかっても37℃しかないのです。

 

以前に妻からこの話を聞いており、

「幼稚園の体温計が壊れてるわけないじゃんw」

と信じていませんでしたが、まさか自分が迎えにいくことになろうとは。

 

たまたま予定がなくて助かりましたが、一息つく間もありませんでした。

幼稚園の送迎を手伝いだして、またひとつ妻の苦労がわかるようになりました。

(最近妻がやさしいのは会社員時代より寄り添えているからなのかも)

 

安易な気持ちでかわいいマスクをつけていくのは危険です。

幼稚園からの「恐怖の電話」を鳴らしたくないなら、やめておきましょう。

 

まとめ

幼稚園・認定こども園の37.5℃ルールについて。

マスクをつけていくなら、それなりの覚悟をしていきましょう。

 

■娘日記

もうすぐ幼稚園の夏休みがはじまります。

娘と長くいれるのはうれしいですが、淡々と仕事をこなせるのだろうか…。

自宅兼事務所の最大の難関もしれません。


Posted by 中原牧人