消費税の届出まだ間に合います!年末年始や休日の提出期限・提出方法をわかりやすく解説!

2019年10月31日消費税の話

こんにちは。ガリガリ税理士の中原牧人(@makito_tax)です。

今年も今日でおわりですが、消費税の届出はお済みですか?

 

消費税申告書の提出期限は延長される?

税務署に提出する消費税の申告書・届出書の提出期限には、

  • 休日だったら延長されるもの
  • 延長されずその日までのもの

の2種類があります。

 

たとえば10月決算である会社の場合、消費税の申告書は12月31日(決算日の2か月後)までに提出しなければいけません。

しかし、12月31日は税務署もお休みです。

 

そのため申告書の提出期限は、次の営業日である1月4日に延長されるのです。

 

消費税届出書の提出期限は延長されない?

個人事業主の消費税の届出書も、12月31日までに提出することになっています。

同じように1月4日まで延長されると思いきや、届出書の期限は延長されません。

(法律の書き方によりこのような違いがあります)

 

「12月29日~1月3日」は税務署もお休みですし、インターネットで申告(e-Tax)することもできません。

しかし、残されたとっておきの手段があるのです。

 

消費税申告書・届出書の提出方法(年末年始・休日)

残されたとっておきの手段として、

  • 郵便局のゆうゆう窓口(20時まで、場所によっては21時~24時)
  • 税務署の時間外収受箱(ポストのようなもの)

の2つがあります。

 

ゆうゆう窓口を利用する場合の注意点として、「宅急便・ゆうメール等」にすると「税務署に到着した日=提出日」となってしまうので意味がありません。

必ず「郵便・信書便」にしてください。

 

またどちらの場合も、提出用・控え用の2用意します。

控え用をかえしてもらうため、切手をはった返信用封筒を忘れずにいれておきましょう。

 

まとめ

消費税は紙切れ1枚で、ウン百万円も税金がかわってしまいます。

まだ間に合いますので、思い出された方は今すぐいっちゃってください。

(今後は余裕をもってくださいね)

 

わたしと関わってくださった方々、今年も大変お世話になりありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by 中原牧人