相続税がかかる?かからない?申告が必要かどうか簡単に判定する方法を教えます!

相続・贈与の話

相続税の申告が必要がどうかなんてわからないですよね。

税理士に相談する前に、便利な判定コーナーを使ってみましょう。

 

相続税の計算方法とは?基礎控除までは相続税がかからない

葬式が終わったら悲しむ暇もなく、四十九日の準備や遺産の整理をしなければいけません。

しかも面倒なことに、遺産には相続税がかかってしまう可能性もあります。

 

判定方法をざっくり説明すると、

「遺産合計-(3000万円+600万円×相続人の数)」

がプラスになると相続税の申告が必要になるのです。

(2019年6月現在、税制改正により増えたり減ったりします)

 

しかし判定するだけでも、

  • 遺産の種類によって計算方法がちがう
  • 相続人の数え方がわからない

など、一般の人がチャレンジするにはなかなかハードルが高い。

 

そんな人のために、国税庁が用意してくれている

「相続税の申告がいるかいらないか簡単に判定できるコーナー」

の使い方の流れを説明したいと思います。

 

国税庁の相続税の申告要否判定コーナーの使い方・手順

判定コーナーはこちらになります。

まずは「スタート」をクリック。

2019-06-04_09h49_04

 

細かい説明はスルーして、一番下の「確認終了」をクリック。

2019-06-04_09h51_02

 

相続人(法定相続人)について入力していきます。

2019-06-04_09h52_24 - コピー

 

子ども・父母・兄弟姉妹が先に亡くなっている場合は、「こちら」をクリックしましょう。

2019-06-04_09h52_24

 

このように説明がでてきます。

養子がいる場合はすでにややこしいので、ギブアップして税理士に相談してもいいかと。

2019-06-04_10h51_14

 

配偶者1人、子ども3人の入力例です。

(子どもがいる場合、父母・兄弟姉妹は関係ないので入力できないようになっています)

2019-06-04_09h53_23

 

「控除額の計算」をクリックすると、遺産合計がこの金額までなら相続税がかからない基準(基礎控除)が表示されます。

2019-06-04_09h53_45

 

とりあえず相続税がかからない基準がわかったので、ここでやめてもOKです。

遺産合計と比較して、

  • 明らかに大丈夫 ⇒特になにもしない
  • 微妙なところ  ⇒不安なら税理士に相談してみる
  • 明らかに超えた ⇒税理士に相談する

といった今後の行動を決めましょう。

 

 

ここからは遺産合計が、

  • 普通預金5000万円
  • 死亡保険2000万円

の入力例を紹介していきます。

 

遺産の明細を入力するため「入力終了」で先にすすみます。

2019-06-04_10h27_03

 

するとこんな画面になります。

2019-06-04_09h54_29 - コピー

 

今回は普通預金から入力していきます。

(順番は前後しても構いません)

「現金・預貯金」の「入力する」をクリック。

2019-06-04_10h34_56

 

現金、預貯金の金額などを入力していきます。

2019-06-04_10h36_39

 

1番下に合計がでるので「入力終了」。

2019-06-04_10h36_47

 

さっきの画面に戻るので、「生命保険金等・死亡退職金等」の「入力する」をクリック。

2019-06-04_09h54_29

 

死亡保険の金額を入力して「計算」をクリック。

2019-06-04_09h59_09

 

死亡保険が2000万円なので当然計算結果も2000万円になると思いきや、「0円」になっています。

しかし、これは間違いではありません。

2019-06-04_09h59_31 - コピー

 

死亡保険には相続税がかからない基準(非課税限度額)があり、

「500万円×相続人の数」

までは計算の対象になりません。

相続人が4人(配偶者1人、子ども3人)なら2000万円(=500万円×4人)ですね。

2019-06-04_09h59_31

 

入力したらこのようになりました。

2019-06-04_10h00_18

 

1番下の「入力終了」をクリックしましょう。

2019-06-04_10h37_10

 

判定結果がこちら。

2019-06-04_10h00_33

 

遺産合計は7000万円ですが、死亡保険2000万円は非課税となっており、5000万円しか相続税の対象になりません。

「5000万円-5400万円≦0」

なので相続税の申告は必要ない、ということになります。

 

相続税の申告が必要なら詳しい税理士に相談する

判定の結果、相続税の申告が必要なら迷わず税理士に相談しましょう。

 

自分でチャレンジするのも不可能ではありませんが、

「個人事業⇒会社⇒相続」

の順に申告の難易度があがっていきます。

個人事業の難易度が「県大会」なら、会社が「全国大会」、相続が「オリンピック」でしょうか。

 

注意点として、税理士の中には相続税を取り扱っていない方や、そもそも相続税の知識・経験がまったくない方もいらっしゃるので、事前に確認したほうがいいです。

 

まとめ

「相続税の申告要否判定コーナー」の使い方について。

当事務所では相続税の申告だけではなく、「遺産のわけかた」「相続対策」などのご相談も承っております。

遺産分割方法の3種類をわかりやすく解説。不動産が多い場合、換価分割も検討しましょう。 | 中原牧人税理士事務所-岡山・倉敷のガリガリ税理士。ITに強くて若い。

豪雨災害があった地域の土地を相続していませんか?相続税・贈与税の優遇措置あります | 中原牧人税理士事務所-岡山・倉敷のガリガリ税理士。ITに強くて若い。

 

■娘日記

今日は毎月1回のお弁当の日なのでご機嫌です。

わたしにとっては相続税の申告よりハードルが高いお弁当作り。

妻、いつもありがとう。

Posted by 中原牧人