Excelの忘れがちな便利機能3選のショートカットキーを紹介します!

Excelは便利な機能が多すぎて、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、忘れがちな便利機能3つのショートカットキーを紹介したいと思います。

 

Excelで同じ動作をくりかえすショートカットキーとは?

ひとつ目は、同じ動作をくりかえす「F4キー」です。

たとえば、いくつかのセルに色を塗りたい場合、

  • セルを選ぶ→色を塗る

という動作をくりかえすことになります。

 

しかし、F4キーを押すことで、「色を塗る」というアクションをすることなく、直前に行った動作をくりかえすことができます。

もちろん、色を塗るだけではなく、

  • 文字の配置
  • 文字色の変更
  • セルの罫線

といったショートカットキーが長い動作もくりかえすことができます。

 

ちなみに、Excelだけではなく、

  • PowerPoint
  • Word

でも使うことができます。

 

Excelで形式を選択して貼り付けるショートカットキーとは?

便利だけど融通がきかない、貼り付け。

  • 数式
  • 書式

だけ貼り付けたいのに、ちがうものまでくっついて「むきー!」となっていませんか?(キーだけに)

 

そこで登場するのが、「Ctrl+Alt+V」です。

貼り付けるときに「Ctrl+V」だけではなく、「Altキー」も一緒に押すことで、貼り付ける方法を選択することができます。

 

()に書いているアルファベットを押すことで、さらにショートカットも可能です。

(たとえば数式だけ貼り付けたいなら、Ctrl+Alt+V→F→Enterとなります)

 

Excelで置換をするショートカットキーとは?

データを分析するのに役立つExcel。

分析元のデータがかわったらインポートし直せばいいですが、分析のやり方をかえる場合、「何か所も修正…」ということになりかねません。

 

変更する部分を一からつくり直すのは時間がかかりますし、ひとつひとつ修正するのもめんどくさい。

そんなときに活躍するのが「置換(ちかん)」です。

 

範囲を選択したあとに「Ctrl+H」を押すことで、

  • 文字
  • 数式

を一括で修正することができます。

DXとは?IT化の前におすすめするWindowsのショートカットキー10選を紹介します!

 

まとめ

Excelの忘れがちな便利機能3選について書きました。

ショートカットキーは「忘れたらあきらめる」のではなく、「覚えるまで使う」ことで結果的に効率化することができます。

 

■娘(7歳)日記

赤ちゃんのころから頭皮がすけすけで、前髪カットしかしたことがなかった娘。

7歳になり、はじめて本格的に髪を切りました。

ひさしぶりのショートカット姿、たまりません。