経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)にデメリット?意外な落としあなとは?

フリーランスの税金,会社の税金

節税として紹介される経営セーフティ共済ですが、意外な落としあながあります。

 

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)とは?

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)とは、その名のとおり中小企業の連鎖倒産を防ぐための保険です。

取引先が倒産したときに、「無担保・無保証人」で支払った掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで、お金を借りることができます。

 

フリーランスや中小企業は大企業とちがい、ひとつの取引先に依存することも少なくはありません。

経営セーフティ共済で緊急時に備えておくと同時に、「売上を分散する」ということを日ごろから意識するようにしましょう。

 

経営セーフティ共済のメリットとは?

経営セーフティ共済のメリットとは、支払った掛金が経費になるということです。

 

月額5千円~20万円まで自由に選ぶことができ、掛金の合計が800万円になるまで支払い続けることができます。

しかも、掛金を40か月以上支払ったうえで解約すると、支払ったお金を全額かえしてもらうことができるのです。

 

「連鎖倒産を防ぎながら税金が安くなる」

これだけ聞くと魅力的な節税商品にみえますが、残念ながら節税することはできません。

中小企業の社長が知っておきたい法人税率の話。所得が800万円を超えるとどうなるの?

 

経営セーフティ共済のデメリットとは?節税ではない?

税金の世界では、経費を増やすことで税金が安くなるように、売上が増えることで税金が増えるようになっています。

ここでいう売上とは、「商品やサービスを提供してお金をもらう行為」だけではなく、「支払ったお金をかえしてもらう行為」も含まれます。

 

掛金を支払ったときに税金が安くなっても、将来お金をかえしてもらうときに税金が高くなる。

つまり、トータルで支払う税金はかわらないのです。

 

節税としてすすめられる保険も同じような仕組みですが、お金がかえってきたときに税金が増えてしまう話が強調されることはありません。

「経費が増えるから節税になる」と飛びつくのではなく、一歩立ちどまって考えるようにしましょう。

お金が減っても経費じゃない?「経費」と「負債」の違いを意識しましょう。

 

まとめ

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)の落としあなについて。

「節税」という魔法のキーワードにだまされないようにしましょう。

 

■娘日記

ゲームセンターで大好きな太鼓の達人をしました。

ひさしぶりのゲームセンターなので、いつもより多めに叩いていたような…。

うれしそうでなによりです。

Posted by 中原牧人