やよいの青色申告オンラインからfreeeへデータを移行する手順についてわかりやすく解説!

クラウド会計

会計ソフトを変更するうえで、データの移行はなかなかややこしい。

そこで、「やよいの青色申告オンライン」から「freee」へデータを移行する手順を解説します!

 

やよいの青色申告オンラインの評価!ずばりつかいにくい!

やよいの青色申告オンラインをつかっている方から、新規顧問のお問い合わせがありました。

会計ソフトで有名なインストール型の「弥生会計」ではなく、クラウド型の「やよいの青色申告オンライン」です。

 

正直、やよいの青色申告オンラインはあまりおすすめしません。

過去に数回つかったことがあるのですが、一言でいうと「つかいにくい」。

(個人的な感想です。インストール型では弥生会計をおすすめします)

 

お話しを伺ったみたところ、

  • なんとなくやよいに決めた
  • 会計ソフトの変更に抵抗はない

とのことだったので、同じクラウド会計であるfreeeへの変更をお願いしました。

freeeからe-Tax(電子申告)で確定申告する方法とは?

 

やよいの青色申告オンラインからfreeeへデータを移行する手順

やよいの青色申告オンラインからfreeeへ変更する手順ですが、まずはやよいのデータをダウンロードします。

「高度なメニュー」の「弥生データのエクスポート」をクリック。

2020-05-28_22h32_14

 

移行する期間を確認したら「取引先も出力する」にチェックを入れ、ダウンロードしましょう。

2020-05-28_22h33_43

 

ダウンロードしたものは文字だらけの「テキストファイル」になっており、「CSV」に変更しないとfreeeへ取りこめません。

エクスプローラーの「表示」から「ファイル名拡張子」にチェックを入れましょう。

2020-05-28_22h40_08

 

ファイルの名前を確認すると、うしろに「txt」が表示されるようになります。

「csv」にかえてあげると、準備は完了です。

2020-05-28_22h40_32

2020-05-28_22h40_59

 

データを取りこむ前に、freeeの期間を確認をしておきましょう。

「会計期間の変更」から変更することができます。

2020-05-28_22h58_45

 

確認できたら、「確定申告」から「振替伝票」をクリック。

2020-05-28_22h44_07

 

「その他の機能」から「他社会計ソフトインポート」を選択しましょう。

(弥生会計仕訳インポートはインストール型用です)

2020-05-28_22h46_23

 

先ほど用意したCSVファイルを取りこむと、取引の一覧が表示されます。

freeeにはどのデータをどのように変換すればいいのかわからないので、

  • 日付
  • 科目
  • 金額

などを設定してあげましょう。

2020-05-28_22h54_41

2020-05-28_22h55_02

 

「設定する」をクリックすると、やよいとfreeeでマッチしなかったものがでてきます。

「切替」でマッチするものに変更しましょう。

2020-05-28_23h17_29

 

「登録する」をクリックすると、freeeへのデータ移行は完了です。

おつかれさまでした!

 

クラウド会計は経理初心者にとって意外とハードルが高い

「だれでもかんたんに確定申告ができる」

クラウド会計の宣伝文句として、よくつかわれている言葉です。

しかし、だれでもかんたんに確定申告できるわけではありません。

 

会計の知識がないと、どうしてもミスが多くなってしまいます。

また、つかいかたを工夫しなければ、クラウド会計はたいして便利ではありません。

 

「みんながつかっているからfreeeにしよう」

ではなく、事業内容や経理方法にあった会計ソフトを選択するようにしましょう。

クラウド会計とは?AIと同じで「できること」と「できないこと」があります!

 

まとめ

やよいの青色申告オンラインからfreeeへのデータ移行手順について。

当事務所では個別コンサルティングで、単発のクラウド会計導入サポートも承っております。

 

■娘日記

パソコンに興味がでてきたようで、タイピングの真似をしています。

泥棒が入ってこないように、複数の監視カメラを操作しているとのこと。

なかなか様になっています。

Posted by 中原牧人